まつうらららんど

留学、海外、英語、国際協力、時事問題などなど。読んでいて面白いブログをめざします*当ブログは完全な個人の見解です

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムに「不合格」だった話:面接の質問付き

今、最近勢いのある留学奨学金といっても過言ではないでしょう

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム

f:id:mm-widen-1997:20180530135901j:plain

 

www.tobitate.mext.go.jp

 

留学を考えたことのある人なら一度は目にしたことがある奨学金かもしれません。

なんといっても文部科学省の後ろ盾を得て、ソフトバンクなど日本の超大手企業が出資をしている官民共働プロジェクトですからね。

 

単刀直入に、昔、僕もこの奨学金の第7期理系コースを受けたのですが、「落ちました!」

 

たまに僕のことを今まで失敗したことない世間を舐めた野郎、と批判してくださる方がいらっしゃるのですが(ありがとうございます)、余裕で大きな?失敗(挫折とまではいかないと思うけど)を繰り返してますよ!!!

そのうちの一つがトビタテの落選ですね。最終的に別の給付奨学金をゲットしたのでお金には困らなかったのですが、トビタテに受かってた場合の機会費用は比べ物になりません笑

トビタテの選考課程は

一次:書類選考(通過)

二次:個人面接・グループディスカッション(不合格)

 という風になっています。

ネットを漁ると、山の様に合格体験記はでて来ると思いますが、なかなか不合格体験記はないと思うので、是非参考にしてください。(こうしたら落ちたよみたいな感じで)この不合格体験記を見たみなさんはこうならないようにしてください。そして受かったら僕に報告していただけると嬉しいかな~

 

ぶっちゃけ受かった人の話は、自分のやったことを全て肯定しがちなので、落ちた人のなぜ失敗したのか、これを避けるべきことを頭に入れていたほうがいいと思います。(負け犬の遠吠えに聞こえるかもしれんせんが笑)

 

 

落ちた理由と面接の質問集

 

自分を過信してた

これはどういうことかというと、勢いとノリで突破できるんじゃねと思ったのですが、勢いはあるけど中身はすっからかんだったので、面接官はそれをしっかり見抜いてきました。大事なのは勢いよりも堅実さ、謙虚さ、そのうえで高い志です。中身のある留学を計画しましょう。(ガーナの民族衣装を着て目立ちましたし、面接の後の交流会でも人気者になりましたが、落ちました)

切羽詰まったもの・なぜ「自分が」行かなければいけないのかがなかった

「私が、この奨学金を得なければなしえない留学」というのをアピールできれば、かなりいいところまで行くと思うのですが、僕の留学計画にはそういうものがなかった。別に君にあげなくても海外行きそうだしいいんじゃね?あなたがそこで行かなければ成しえないことではなくない?ほかの人でもできそうだし、いまいちあやふやな計画じゃない?みたいな感じで。また、理系コースといいながらも理系要素が薄かったのもミスかもしれません。新興国コースで出せばよかった可能性もあります。書類は通ってるんだから大丈夫だったんじゃないのと思うかもしれませんが、二次審査でも留学計画の説明をする場面があるわけでその時に、「ん?これ理系?」と思われてしまうとしんどいでしょう。

 

ここで言いたいのはみなさんガンガン挑戦して、失敗していきましょう(常に成功し続けるのがベストではありますが)。

フィードバックも忘れずに。この記事も自分へのフィードバックも兼ねています。

結局トビタテで計画した海外渡航は実現しませんでしたが、別のことができましたし、トビタテに受かることがすべてではありません。

もちろんお金の補助がたくさんもらえて海外に行くのはいいことだし、落ちるよりも受かるほうがいいに決まってますが。

 

 

 

質問集

トビタテの個人面接と、グループ面接で何を面接官に聞かれたか、何を行ったかを書いておきます。

参考になれば幸いです。 

1, 個人面接 

面接官は40~50歳の女性
聞かれた質問

その服寒くないですか?
プレゼンのものを横に置いておいたら、それ見せてくれるのですか?と言われたので
4分プレゼンをした(自己紹介や簡単な留学説明はここに集約されたと思う)
少し書類と違うところがありますが?

NGOでは何をしているのですか?
自立支援とはどのようなものですか?
トビタテ留学ジャパンをどこで知りましたか?

そのプロジェクトは向こうが求めていることなのですか?

普段大学では何を学んでいるのですか?

なぜその時期なのですか?

農学部に進路変更したことについて詳しく
なぜそんなに熱意があるのですか?

2, グループディスカッション 

面接官は約50歳代の男性
一人4分でプレゼン
2分間面接官からの質問(自分が受けたもの)

他にASEANの大学などに留学してそのような研究をしている人はいるのか?

なぜトビタテ留学ジャパンに応募したのか?

3,グループディスカッションの面接官から他の人への質問・グループディスカッション

中国語の語学力は?

なぜその国なの

なぜ宇宙探査機なの?など
その後メンバー同士で質問
個人ワーク

三人選んで留学計画のいいところを発表

グループワーク

18分で留学をより良いものにするために一般化したものを3点あげる

最後に1人発表

 

 

 トビタテで本来別の地域にいるはずでしたが結局フィリピン大学での交換留学を延長しました

www.masanorimatsuura.com

 

失敗から学ぶことは多いです。僕も大企業とか国家はこういう留学をもとめているんか~みたいなのが分かりました。書類審査でも自分のアピールの仕方など「書き方」というものも学べました。

 

挑戦して、失敗して、学んで、成長していきましょう!