まつうらららんど

留学、海外、英語、国際協力、時事問題などなど。読んでいて面白いブログをめざします*当ブログは完全な個人の見解です

レビュ―/フィリピンパブ嬢の社会学:フィリピンパブの秘密がわかります

 

フィリピンパブ、みなさんは何を想像しますか?

フィリピン人がいる風俗?キャバクラ?それとも、、、

 

こんにちは、フィリピンが第2の故郷のまつー (@masanorimatsura) | Twitterです。

 

 

 

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)という本がふと本屋で目に付いて買ってみたので、レビューしてみます。

若干のネタバレのようなものになりますので、その点はご了承ください。

このレビューで面白そうだなと思ったかたは是非amazonなどでポチってみてください。

 

 

簡単に(壮大なネタバレにならない程度に)説明すると、

日本にいるフィリピン人女性の実態を調べていた大学院生が、大学院での学術研究テーマとしてフィリピンパブを選ぶことになり、実際にフィリピンに通い始めるところから始まる。

そして、そこで出会ったフィリピン人ホステスとなんども出会ううちに、お客さんから彼氏に昇格し、さらには結婚までしてしまうという話です。

題名に「社会学」と書いてあるので、すこし固そうな内容を想起させるかもしれませんが、文章は小説のように読みやすく、話の展開もちょうどよい速さで飽きずに一気に読んでしまえます。

作者の方の執筆センスがすごいとしか言えませんね。

さて、僕が説明したあらすじだけ聞くと、ただのハッピーエンドで著者であり主人公の男性がフィリピンパブ嬢からモテた話かと思うかもしれませんが、

 

www.masanorimatsuura.com

フィリピン人に日本人が持てるか、主観により判断してみました。

 

そのフィリピン人ホステスには抱えている裏の事情もたくさんあり、著者の家族にも、フィリピン人との交際に強く反対するなど、問題が次から次へと出てきます。

そんな状況を二人はどうやって乗り越えていくのか、読めばわかりますが、ぼくがフィリピンが大好きな国となった理由の一つがここにも出てきているような気がします。

本書を見れば、一般的なフィリピン人の魅力・観念というものが見えてくるのではないかなと思います。

 

www.masanorimatsuura.com

フィリピンに交換留学したことで、よく周りに聞かれる質問をまとめてみました。

 

 

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)の書評、いかがでしたか?

新書としても、小説としても読むことができます。

今ならkindleで購入することもできますので、ぜひ一度時間のある時に読んでほしいなと思います!

 

 

www.masanorimatsuura.com

交換留学の選択肢として、なぜフィリピンという国を選んだのかを書いた記事はこちらから