まつうらららんど

留学、海外、英語、国際協力、時事問題などなど。読んでいて面白いブログをめざします*当ブログは完全な個人の見解です

ミンダナオ・ダバオに来たらここに行け! サマール島・ナイトマーケット

 フィリピン大好きオタクによる

ダバオに来たらここにいけ!

です

f:id:mm-widen-1997:20180823193259j:plain

空港を出ると左手にこのようなサインがあります。

ダバオに来たことを実感します。(少しドリアンのにおいがするでしょう)

そして、行ったら楽しいと思われる場所をいくらかお伝えします!

 

 ロハスナイトマーケット(Roxas NIght Market)

まず、ナイトマーケットですね

載せてある写真は食べ物ばかりですが、服とかも売っています。

ダバオまで来る人はあまりそういうのは気にしないかもしれませんが、これらは一応ストリートフードなので

おなか壊したら絶対に嫌だ

という人は食べないでください。

責任取れません。

ちなみに僕はストリートフードラバーですが、食中毒になったことは記憶の中ではありません。

これは揚げ物なのでおなかは壊さないでしょう

左下にある、Dynamite&Cheeseは唐辛子とチーズを合わせてあげたものでなかなかのうまさです。

確か40円くらいです。

右下にあるのは餅を揚げたもので、中にあんこみたいなのとか、ジャムとかが入っていて、フィリピンに来て初めて味わったものでした。

しかもかなりうまい。

一つ20円ほど

f:id:mm-widen-1997:20180823194357j:plain


南の島ミンダナオといえば、海鮮です。

烏賊をいただいちゃいます。

うまい

ちなみにタコを食べるのは日本くらいらしいです。

フィリピン人が食べるのはSquid(イカ)だけです。

f:id:mm-widen-1997:20180823194402j:plain

そして、マグロの炭火焼きもいただいてしまいましょう。

これもこんなに大きいのをがっつけるのはダバオだけでしょう。うますぎる。

そして500円弱だったと記憶しています。

f:id:mm-widen-1997:20180823194406j:plain

こんな感じで焼いてくれます。

f:id:mm-widen-1997:20180823194607j:plain

 

サマール島

フィリピンといえばもちろんビーチ!

ということで、ダバオから10分ほど船に乗ってサマール島というところに行きます。

船乗り場はSasaという名前です。ジープニー(地元の公共交通機関)に乗っていけば行けるでしょう。

f:id:mm-widen-1997:20180823201236j:plain

船着き場につくと、ガイドのおっちゃんたちがたくさんいます。

お客にしようとたくさん寄ってきますので、ぼったくられない交渉力が必要です。

バイクドライバーを一人一日中雇うとだいたい800ペソ(1700円くらい)になります。

島中を案内してくれるので、ドライバーを雇うのはありです。

誰にするかはその場で決められます。

そんなこんなで最初に行ったのは

bat caveです。

こうもりがたくさんいるというただそれだけの洞窟ですね。

めちゃめちゃうるさいです。笑

入場料として、120ペソが必要です。

f:id:mm-widen-1997:20180823201242j:plain

そして途中の峠から見えるこの絶景これを見ると、来てよかった~となること間違いなしです。

f:id:mm-widen-1997:20180823201249j:plain

海で泳ぎはしませんでしたが、見る価値はあるでしょう。

こんなにきれいなのに観光客はだいたいセブ島にいくので、フィリピン人しかいません

入場料は10ペソかかります。

f:id:mm-widen-1997:20180823201255j:plain

最後に滝にも行きました。(ごめんなさい名前忘れました)

入場料が80ペソかかります。

f:id:mm-widen-1997:20180823201306j:plain

その他いろいろ

ダバオといえば、ツナとドリアンが有名なので、マーケットでいただきました。

ドリアンを独り占めするなんてなかなか無い良い機会になります!

f:id:mm-widen-1997:20180823202503j:plain

ダバオの英雄ですね。

フィリピン大統領 ロドリゴ・デュテルテのポスターです。

大統領になる前はダバオ市長で、麻薬使用の横行など最悪といわれた治安を一代にして、立て直して今ではフィリピンで最もクリーンな街といわれているくらいです。

その功績もあり、大統領になったようなものです。

f:id:mm-widen-1997:20180823202507j:plain

そして、フィリピン名物ハロハロ

ダバオ名物というわけではありませんが、フィリピンどこにいても食べたくなりますね。

ちなみに、日本のミニストップでも食べられますが、ハロハロはフィリピンの食べ物です。

f:id:mm-widen-1997:20180823202516j:plain

宿は【Booking.com】世界のホテル割引予約 を利用して予約しました。

このサイトの良いところは、予約をして現地で現金払いができることですね

 みなさん楽しいダバオ旅行を!

 

ダバオの中心部への行き方はこちらにあります。

www.masanorimatsuura.com