まつうらのブログ

留学、海外、英語、国際協力、時事問題などなど*当ブログは完全な個人の見解です

現地に根付いた国際協力って日本人がやることなのだろうか?

今日はかなり哲学的な話題です。

f:id:mm-widen-1997:20180626153229j:plain

 (筆者撮影)

みなさんも青年海外協力隊や国際連合などの名前を聞いたことがあるかもしれません。これらのプロジェクトや機関は開発途上国というわれる経済レベルの低い国に対して、開発支援を行っています。

 

知っている人もいるかもしれませんが、僕はフィリピン大学で交換留学生として、フィリピン人と1年間机を共にしていました。フィリピンも今は経済発展が著しく日本のODAなどによってインフラも整備されてきています。

もちろんそれは先進国が支援してきたからというのも正しいでしょう。しかし、フィリピン人自身が頑張ってきたということを忘れてはいけないと思うのです。

 

開発において、援助者と被援助者はどのように関わりあっていけばいいのかそのようなことをフィリピンで考えていました。

 

考えてみてください。発展途上国といえど、例えばフィリピンにはフィリピン大学、マレーシアにはマラヤ大学、ガーナにはガーナ大学があります。各国に優秀な生徒たちがいるのです。そこに現地語がわからない先進国の人がずかずかと入って行っていいものなのでしょうか?もちろん入っていきたいと思う人はがんがんやってもいいと思います。自分の人生の方向性は自分が決めないと楽しくないですからね。

しかし私にとってはそれが最適解には思えません。先進国がやることはお金を出すことでよいのではないか?または研究機関が発見、生み出した知識・技術は先進国の人間が直接現場に入って教えるのではなく、一旦現地のofficerを通したほうが、より現地に即したものになるのではないか?

なにが正しい答えなのかは僕にはまだわかりません。

こういった問いは世間的には流動的なものだと思っているので、自分がその時その時で正しいと思ったことをやっていかなければいけないのだなあと思わされるのです。みなさん個々の考え方がありますしね!

 

皆さんなりの考えがあればご意見どしどしお待ちしています。